甘酒アイスのレシピについて詳しく解説しています。
  1. 甘酒はアイスにしても最高!おすすめのアイス・シャーベットレシピ

甘酒はアイスにしても最高!
おすすめのアイス・シャーベットレシピ

夏の風物詩、甘酒

夏の風物詩、甘酒

なぜひな祭りで甘酒を飲むの?甘酒を徹底解剖」でもご紹介している通り、甘酒は江戸時代から飲まれ続けている、古い歴史をもつ飲み物です。近代以降、甘酒と言えばお正月やひな祭りに飲むというのが主流になってきたため、季節で言うと冬や春のイメージが強いかもしれませんね。しかし、江戸時代の甘酒は夏の風物詩。厳しい暑さから人々を守るための健康ドリンクとして多くの人々に親しまれていました。

そんな歴史も見直されつつあるのか、最近では「甘酒は夏バテ予防にいい!」ということで、今、夏の甘酒がある形で注目を集めています。その名も「甘酒アイス」。市販されているものもありますが、自分で好きな味にアレンジして作るのが大人気です。自分で作れば無添加で身体にやさしい甘酒アイスを作ることができますし、普通のアイスクリームは食べられないという乳製品アレルギーのお子さんでも食べられますよ。

甘酒アイスの作り方

甘酒アイスの作り方

では、甘酒アイスの作り方をご紹介しましょう!乳製品を使わない、栄養タップリの甘酒アイスです。

甘酒アイス
材料(6人分)
  • ①甘酒 250ml
  • ②成分調整豆乳 150ml
  • ③バナナ 1本
  • ④自然塩 1つまみ
  • ⑤バニラビーンズ お好みで
作り方上記の材料をすべてフードプロセッサーで細かくして混ぜます。それをタッパーに入れて冷凍し、固まったらスプーンで混ぜてまた冷凍、という作業を3回ほどくり返してできあがり。

作り方はとても簡単なので失敗する心配もありません。上記のレシピではバナナを使っていますが、バナナの代わりに黒ごま、桃、いよかん、いちご、マンゴーなどを使って、様々なアレンジレシピも楽しんでください。また、これらの食材を最初にフードプロセッサーで一緒に混ぜずに、アイスが出来上がってから混ぜると、プラスしたアイテムの食感をそのまま楽しめます。

栄養たっぷりの甘酒アイスは、夏の暑気払いにはもちろん、冬に温かい部屋で食べるのもいいですね。季節を問わず、栄養補給源として常備しておいて、元気が出ないときに食べるというのもGOOD。栄養バランスが偏りがちなお子さんのおやつとしてもおすすめです。

甘酒の原液タイプを活用しよう

甘酒の原液タイプを活用しよう

甘酒アイスを作るなら、甘酒もイチから手作りで!というのが健康志向のみなさんの間で流行っていますね。甘酒はお米と米麹があれば自宅でも作ることができますので、すべて手作りの甘酒アイスに挑戦するのもいいと思います。ただし、甘酒は麹を加えるタイミングや温度を間違えると失敗してしまうこともありますので、温度管理をしっかり行いながら注意してチャレンジしてみてください。

甘酒から手作りするとなるとちょっと億劫になってしまう・・・という場合は、甘酒の原液タイプを活用するのがおすすめです。市販のものでも保存料が一切使用されていないタイプもありますので、それなら甘酒を作る手間も省けて、上記でご紹介したカンタンレシピからスタートできます。甘酒の原液タイプは、甘酒アイスに使用するもよし、牛乳や豆乳と混ぜて飲むもよし、お料理に使うもよし、という使い勝手抜群の栄養補給アイテムなので、ぜひ試してみてください。

関連記事

PAGE TOP