甘酒の酵素について詳しく解説しています。
  1. 甘酒に含まれる「酵素」の効果・効能を詳しく解説

甘酒に含まれる
「酵素」の効果・効能を詳しく解説

身体にとって重要と言われる「酵素」とは

身体にとって重要と言われる「酵素」とは

「酵素ドリンク」「酵素サプリ」など、巷では酵素が配合された健康商品が溢れんばかりに出回っていますね。この「酵素」、いったい何がそんなに重要なのでしょうか。そもそも酵素とは何なのか、ここでしっかり勉強しておきましょう。

まず、酵素にはその働きによって以下の2つの種類があります。

消化酵素
消化酵素とはその名の通り、食事により取り入れた栄養素を、体内で活用できる形に消化する役割をもっています。でんぷんをブドウ糖に、タンパク質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸に分解する消化酵素などが存在します。
代謝酵素
代謝酵素は、消化酵素が分解した栄養素を体中の細胞に届けて有効に機能する手助けをしたり、毒素を汗や尿の中に排出したり、自然治癒力や免疫力を高めたりする働きをもっています。

私たちは潜在酵素と呼ばれる酵素を体内で作り出すことができ、この潜在酵素を消化酵素や代謝酵素として振り分けて使用することで、身体をうまく機能させています。しかし、人間が生涯に作り出すことができる潜在酵素には限りがあり、加齢と共にその量は減っていくため、年齢を重ねると必要な酵素が足りなくなってしまうんですね。そしてまず人間は食事をするとありったけの酵素を消化酵素として働かせるため、限られた酵素を使い切ってしまうと、代謝酵素に回せる分が足りなくなってしまい、そうすると上記に挙げたような栄養補給や毒素の排出がうまくできず、治癒力や免疫力も低下してしまうということになるのです。

そこで、足りなくなった潜在酵素の代わりに食べ物から取り入れる酵素を「食物酵素」と言います。年齢を追えば追うほど、この食物酵素を多く含む食材をしっかり摂らなければ健康を維持できなくなるのがよくわかりますね。

甘酒に含まれる酵素について

甘酒に含まれる酵素について

食物酵素は、野菜や果物、肉、魚などの生の食材に加え、味噌や納豆、ぬか漬けなどの発酵食品にも多く含まれます。そうです、甘酒にもこの酵素がたっぷり含まれていますね。毎日200mlを目安に甘酒を摂り続けることで、身体に必要な栄養素をしっかり摂ることができるというのは、とても安心できますね。

甘酒には実に100種類を超えると言われるほど豊富な酵素を持つコウジ菌が含まれます。さらに、酵素の働きを助ける「補酵素」が新陳代謝を活性化して老化を食い止め、免疫力を高めてくれるため、潜在酵素が不足しがちな身体にとっては、まさに鬼に金棒です。

しかし、気をつけなければならないのは、市販の甘酒の多くは、安全性を維持するために加熱処理が施されているということ。大量の酵素をもつコウジ菌は熱に弱いため、発酵を止めて品質を保つために行われる加熱処理によって、酵素もその効力を失ってしまいます。

その点を考えると、やはり酵素の力をふんだんに利用したいなら、自宅で甘酒を作るのがベストでしょう。市販の甘酒の中にも、保存期間が短い代わりに酵素がたっぷり含まれた状態で売られているものもありますので、そういったものを探してみてもいいかもしれません。また、仮に酵素の威力が失われていたとしても、甘酒には両手では足りないほどの豊富な栄養素が詰まっているので、ただのジュースになってしまうというわけではありません。市販の甘酒を飲むなら、そういったポイントでどれがいいかをよく調べて購入してみてください。

関連記事

PAGE TOP