甘酒に含まれるフェルラ酸について詳しく解説しています。
  1. 甘酒に含まれる「フェルラ酸」の効果・効能を詳しく解説

甘酒に含まれる
「フェルラ酸」の効果・効能を詳しく解説

フェルラ酸って何?

フェルラ酸って何?

化粧品や健康サプリなどに含まれる成分として、「フェルラ酸」というのを目にしたことがあるでしょうか。その効果・効能があちこちで話題になっているフェルラ酸、いったいどんなものなのでしょうか。

フェルラ酸は、米や小麦などの植物の細胞壁に含まれるポリフェノールの一種。野菜・果物・豆類・芋類・海藻・お茶・ハーブなどの植物性食品の成分に含まれる「ファイトケミカル(フィトケミカル)」という化学物質があり、その強い抗酸化作用と抗菌作用から、健康維持に非常に役立つ成分として期待を集め、研究が進んでいます。フェルラ酸はこのファイトケミカルの一種でもあります。

日進月歩で進む様々な研究から、次々に発見され、期待されているフェルラ酸の効果・効能について見てみましょう。

フェルラ酸がもつ様々な効果・効能

フェルラ酸がもつ様々な効果・効能

食材の酸化防止
フェルラ酸はその抗酸化作用から、食材の変色や退色、劣化を防ぐ効果があります。これまでにグリーンピースや抹茶、バナナなどの変色や細菌による汚染を防いだという報告があり、酸化防止剤としても使われています。
光から皮膚を保護して美白を保つ
シミやくすみのもととなるメラニンの生成を抑制する働きが認められており、また有害な長波紫外線を吸収して肌を守る力が強いこともわかっています。これにより、日焼け止めにも配合されるなどして、そのUVカット力が期待されています。
血糖値を下げる
これまでマウスの実験では、インスリンの分泌を促して血糖値の降下を促す作用が認められています。また、肝臓におけるグリコーゲンの合成や血中コレステロールの濃度の低下にも役立つことがわかっており、糖尿病および合併症を防ぐ効果が期待されています。
血圧を下げる
こちらもマウスの実験で血圧降下作用がすでに確認されています。また、上記同様に血中コレステロールやトリグリセリドの低下も認められているため、高血圧症だけでなく脂質異常症にも有効であると考えられています。
アンチエイジング
強い抗酸化作用をもつフェルラ酸は、肌の老化の原因である活性酸素を抑制して、高いアンチエイジング効果を発揮すると言われています。以下にご紹介する脳神経保護作用との相乗効果で、見た目も中身も若返ることができると注目を集めています。
アルツハイマー型認知症に有効
フェルラ酸には、アルツハイマー型認知症の原因の1つであるβ-アミロイドペプチドという異常タンパク質が蓄積するのを抑え、学習機能を回復させる機能があることが報告されています。そのため、認知症予防や改善に期待が高まっています。

甘酒に含まれるフェルラ酸の活用法

甘酒に含まれるフェルラ酸の活用法

そして、この強力な美肌・健康作用をもつフェルラ酸は、米麹で作られた甘酒にもたっぷり含まれています。甘酒を飲んだり食べたりすることで、その抗酸化作用や、血糖値・血圧降下作用、学習機能回復作用などによって生活習慣病を予防し、毎日健康に過ごすことができます。さらに、その強力な抗酸化作用から、食材の保存や変色防止にも役立てることもできるのです。

また、フェルラ酸のもつ美白作用を活用するには、甘酒パックもいいでしょう。抗炎症降下と美白効果で、肌トラブルとは無縁の透けるような白い肌が手に入ることが期待できますね。

フェルラ酸を含む甘酒は、飲んでよし、食べてよし、ぬってよしの三拍子揃った強力なアンチエイジングアイテム。いろいろな活用法を試してみてください。

関連記事

PAGE TOP