甘酒の美白効果について詳しく解説しています。
  1. 甘酒の美白効果ですべすべ美肌になろう!甘酒で美白ができる理由とは?

甘酒の美白効果ですべすべ美肌になろう!甘酒で美白ができる理由とは?

甘酒に美肌効果・美白効果があるといわれるのはなぜ?

甘酒に美肌効果・美白効果があるといわれるのはなぜ?

甘酒を紹介するいろいろなサイトで見かけるようになった「飲む点滴」というフレーズですが、ほかにも「飲む美容液」も目にしますよね。「【美容と健康】甘酒って何がいいの?効果・効能を徹底解説」でも少し触れたように、甘酒には美肌・美白効果もあります。健康効果だけならまだしも、美肌や美白までできるなんて驚きですが、甘酒にはそれだけ優れた成分が豊富に含まれているのです。

甘酒の中に含まれる成分には、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進するビタミンB2や、抗酸化作用によってアンチエイジングが見込めるフェルラ酸など美容に効果的なものがいくつもあります。中でも、美肌・美白効果を持つのがコウジ酸です。コウジ酸は米麹から発見された成分で、シミの原因となるメラニンの生成を防ぐことができます。

甘酒がシミを消して美白効果をもたらしてくれるワケ

甘酒がシミを消して美白効果をもたらしてくれるワケ

シミができるのは、紫外線を浴びるなどして刺激を受けたときメラノサイトという細胞にメラニンを大量に生成する指示が出されることが原因です。メラニンは完全に悪者のように思われていることもありますが、実はメラノサイトからの指示はメラニンの生成によって紫外線が肌の奥まで侵入することを防ぐためのもの。つまり、肌へのダメージを軽減することが目的です。しかし、紫外線の刺激がなくなった後もメラニンが生成され続けると過剰に作られたメラニンがシミとなってしまうのです。

コウジ酸は、そんなメラニンの過剰生成を抑える作用があります。仕組みとしては、メラニンを作り出すための酵素、チロシナーゼの働きを妨げるというもの。チロシナーゼは銅イオンによって働きメラニンを作り出すのですが、コウジ酸はチロシナーゼから銅イオンを引き抜いて、チロシナーゼの活動をストップさせることができるのです。しかも、こうしてシミを根本から防ぐだけではなく、甘酒に含まれるパントテン酸による新陳代謝の向上効果で、使われなくなったメラニン色素は老廃物として肌細胞内から排泄されます。まさに美白のための良いサイクルを作り出しているのですね。

甘酒パックでスキンケアをしてみよう!

甘酒パックでスキンケアをしてみよう!

ちなみに、甘酒の効果を得る方法は飲むだけではありません。実は、直接肌に塗ってスキンケアをすることも可能です。甘酒を顔全体に伸ばしてパックにすれば美白効果や保湿効果を得ることができます。垂れてきてしまう場合はベビーパウダーや小麦粉を加えてみましょう。

また、洗顔時に甘酒を使うのもおすすめです。洗顔後、甘酒を顔全体に伸ばしてマッサージを行い、終わったらすすぐだけ。保湿効果もあり、肌のキメも整います。甘酒を有効に活用して潤いのある美肌を手に入れてくださいね。

関連記事

PAGE TOP